クリスマスアクセサリー販売館


出産のお祝い・記念品に
●赤ちゃんの手形足型
●赤ちゃんの筆

LINKS
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
  人気ブログランキングバナー
  ブログランキング・にほんブログ村へ
  

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
SEARCH THIS SITE
<< 【誕生日】うるう年のひとの誕生日 | main | ほんと?プリンでダイエット! >>
【ホワイトデー】どう違う?ビスケット と クッキー
贈り物ランキングを調査したら、
いつもベスト10に入っていそうな「クッキー」。

甘いクッキーは女性が選ぶ贈り物かと思われがちですが、
ホワイトデーの贈り物にクッキーを選んだことのある
男性も多いのでは?


そんなことを書いたのには理由がありまして、
今日、2月28日は「ビスケットの日」だそうです。

 ⇒ 2月28日はビスケットの日
  (社団法人 全国ビスケット協会のページより)

 日本でのビスケットの歴史をみると、水戸藩士の蘭医、
 柴田方庵という人がでてきます。
 それまでは長崎周辺で外国人向けにだけ作られていた
 ビスケットですが、 水戸藩がビスケットの“保存の
 きく食糧”という点に注目し、その製法を調べます。
 そして、柴田方庵が長崎留学中にオランダ人から学んだ
 ビスケットの作り方を手紙にし、安政2年(1855年)
 2月28日に、水戸藩に宛てて送った史実があります。



私はこう思ったんです。

「クッキーは贈ったことがあるけど、ビスケットはないよな〜」

「あれ、でもクッキーとビスケットでどこが違うんだっけ?」

そこで調べてみました。
というか、上記ビスケット協会のページに書いてありました。


 ビスケットとクッキーってどう違うの?

 日本では、ビスケットとクッキー両方の名前が使われて
 いますが、本来、同種のものをさします。
 ただ、糖分や脂肪分の合計が40%以上含まれていて、
 手作り風の外観をもつものを、クッキーと呼んでもよい
 という決まりがあり、両者を区別して使う傾向があります。
 一方、外国では、ビスケット(英)、クッキー(米)、
 ビスキュイ(フランス)、ビスキュイート(独)などと
 呼ばれています。
 アメリカでは、ビスケットというとやわらかい菓子パンの
 ことを呼び、イギリスのビスケットに当たるものは
 クッキーと呼ばれています。また、イギリスにはクッキー
 という言葉自体がないなど、ビスケットとクッキーの
 使い分けは、あまりはっきりしていないようです。



どうやら、同じものをさしているみたいですね、
難しく考えなければ。

というわけで、今日は
「私がビスケットを贈ったことがあると気付いた記念日」
となったのでした。



 ホワイトデーにクッキーの贈り物はいかが?
 ホワイトデー向けオススメ商品「クッキー」





| ホワイトデー | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバ ックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック