クリスマスアクセサリー販売館


出産のお祝い・記念品に
●赤ちゃんの手形足型
●赤ちゃんの筆

LINKS
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
  人気ブログランキングバナー
  ブログランキング・にほんブログ村へ
  

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
SEARCH THIS SITE
<< お歳暮よりお年賀? | main | サロン・ド・ショコラ 京都 >>
初夢の雑学
いつ見る夢を初夢というのでしょうか?
2月に見ても3月に見てもあるいは12月に見ても初夢と言うのでしょうか?
一般的には1月2日の夜に見る夢を「初夢」と言われています。
ですがせっかく初夢を見たとしてもその内容を覚えてないと意味がありません。

いつ見た夢を「初夢」とするかというよりも
内容をはっきりと覚えている最初の夢を「初夢」とすれば良いと思います。

初夢に見ると縁起が良いと言われているベスト3は
「一富士、二鷹、三茄子」(いちふじ、にたか、さんなすび)です。
この後に「四扇、五煙草、六座頭」(よんせん、ごたばこ、ろくざとう)
と続きます。

何故これらが縁起が良いかというのは諸説ありますが
「富士」は言わずと知れた日本一の山、
裾野が広がっているので末広がり(「扇」も同じ)。
あるいは『無事』の意味で。

「鷹」は高く高く舞い上がる(「煙草」の煙も同じ)。
あるいは志『高』くという意味で。

「茄子」は事を『成す』で発展を表す。
あるいは「茄子」には毛が無いので
『怪我無い』という意味で(「座頭」も同じ)。

縁起の良い初夢を見るためのアイテムとして昔から重宝されているのが
「宝船」です。
宝船には七福神と宝物が乗り、帆には「宝」と書かれています。
その絵を枕の下に入れて寝ると縁起の良い夢を見ることができると言われています。
昔の人は初夢で一年を占うので年末になると多くの人が宝船の絵を買ったそうです。
そうは言っても縁起の悪い夢を見てしまう時があります。
その場合は、翌朝に宝船の絵を川に流して縁起直しをしたそうです。

また宝船の絵には
「長き世の とおのねふりの 皆めざめ 波乗り船の 音のよきかな」
という回文の歌が書き添えてあります。
これは期待に反して縁起の悪い夢を見てしまった時の保険のようです。
縁起の悪い夢を「逆夢」として逆にすることで良しとするためだそうです。
昔の人は意地でも縁起の良い夢を見たがったということでしょうか。

年末・年始は何かと慌しいですが
普段より家族が一緒にいる時間が多く取れる時ではないでしょうか?
宝船の絵を枕の下に入れて寝て、翌日に家族で見た夢について話しを
してみるのはどうでしょうか?
見た夢から話しを膨らませるのも良し、
見た夢に繋げてみんなが将来の夢について話しをするのもいいと思います。

お正月ならではの「宝船」「初夢」を
一家団欒のアイテムとして使ってみたらどうでしょうか?


 賢者の贈り物へ




| お正月 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバ ックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック